忍者ブログ

World of granshe.

HTMLやCSS、JavaScriptに関する話題を中心に、Web制作について知ったこと、覚えておきたいことをメモしておく個人的スペースです。
[93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サイトの横幅議論

Webサイトにおけるwidthについて、非常に興味深い記事があったのでご紹介。

「サイトの横幅」再論:950px時代のウェブデザイン
絵文録ことのは 様より。

リンク先の最上部に、2006年ごろに書かれたエントリサイトの横幅を640ピクセルにする理由のリンクもあるので、是非こちらもあわせてご覧下さい。
非常に説得力のある記事で、読んでいて面白かったです。


私がWeb制作を始めたのは5年ほど前ですが、当時はまだ800×600解像度の割合が少なくなく、本格的に作品制作を始める2年前まではずっと、横幅800pxでサイトを作っていました。

解像度が1024×768が主流になった今でも、正直横幅900px超のサイトを作るのに抵抗があります。
ただ、その要因として、私の使用しているPCの解像度が1024×768のため、900px超だと窮屈に見えるから。という個人的な視点が入っている点は否めませんが…。


ちなみに本ブログは最小幅600px、最大幅1200pxで回覧できるようになってます。
(max-widthプロパティで指定をしているので、IE6には全く効果がないみたいですが。)
両端のカラムが220pxなので、本体幅は160px~760px。
さらに、左右にpaddingが20pxずつあるので、実際の文字表示領域は120px~720pxということに。

なぜこのようなサイズにしているかというと、
このサイトに訪れる方の解像度が1024×768以上であることが多いからです。
だいたいは、ターゲットユーザに合わせて幅を指定することが多いです。


…この、「サイトに訪れる方の解像度が1024×768以上であることが多い」というのは、アクセス解析などで分かるわけですが、その人が実際にブラウザを画面いっぱいに表示しているかどうかは、正直なところ分からないのだ、と言うことに気付かされました。
解像度はモニタの解像度を示しているだけで、ブラウザの表示域を示しているわけではないのです。
そして、最大化していない場合とか、お気に入りバーとか、GoogleToolbarとか、上下左右に様々なツールを表示すれば、それだけコンテンツを表示する画面が減るわけです。


…そんな単純なことに、今さら気付きました。
(ちなみに、じゃあアクセス解析使えねーじゃん。と言っているわけではありません。)

最近はミニノートも増えてきているし、
もしかしたらサイトの表示サイズが再変化することもあるかもしれませんね。


話を戻すと。
個人的には、サイトの横幅どうのっていうものは、どれも私論でしかないと思うのです。
別に、リキッドレイアウトがいいんだったら、リキッドレイアウトにすればいい。
固定レイアウトがしたいならpxで固定すればいい。
「つぶあんとこしあんどっちがいい?」のと同じで、正しい答えなんて無いんだから。

だからと言って、じゃあレイアウトについてなんて考えなくてもいいや。って問題ではなくて。


誰のためにサイトを作っているのか考えたら、おのずと結論は出るはずです。
自分が正しいと証明するためだけにレイアウトを選んでいるのなら、それは何を選んだって間違っているということ。

どんな人がこのサイトを見るのか。どんな人にサイトを見てほしいのか。
大事なのはやっぱりそこなんですよね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前: ゆーり
職業: コーダー(模索中
趣味: Web制作
自己紹介: 某Web製作会社の入社5年目のマークアップエンジニア。専門はHTMLとCSSとMT(自称)。
カレンダー
06« 2017/07 »08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]