忍者ブログ

World of granshe.

HTMLやCSS、JavaScriptに関する話題を中心に、Web制作について知ったこと、覚えておきたいことをメモしておく個人的スペースです。
[86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Drawterでデザインカンプ制作

ブラウザ上でWYSIWYG的にWebサイトが作れる、Drawterに関するメモ。
サイトにアクセスするとでさっそくサイト制作ができます。


Drawterは、jQueryライブラリをベースにしたJavaScriptで制作されています。
テーブルレイアウトではなく、CSSでレイアウトが組めるツール。

PCスペック的には、メモリが256M以上、CPUが800Mhz 以上であることが必要条件です。

このDrawterは、マークアップをしていく際にHTMLやCSSの知識が必要になってくるので、最低限HTML、CSSがわかる人向け。
初心者向きのツールではありません。

ただ、ブラウザ上にルーラーがあって、ボックスを手早く生成することができるのは優れもの。
そして、他のオーサリングソフトとは比較にならないくらいの動作の軽さ。


はじめに「サイト制作ができます」とは書きましたが、どちらかというとデザインカンプ制作にオススメします。

なぜデザインカンプ用かというと、自分でも色々いじってみたのですが、サイトを作るにはあまりにエディタが本格的過ぎて、扱いづらいからです(笑)。自分でHTML打つほうが数倍早い。道具の使い方を覚えるのに苦労するくらいだったら、使わないほうがいいかな、というのが個人的見解。


詳しい動かし方は、DrawterのヘッダのOther→Screen Castで、サイト制作の手順を見ることができます。

が、相当でかいディスプレイサイズで手順を説明しているらしく、1024×768の私のPCでは画面が小さすぎてスクロールバーが出てしまいました。注意。
実際に作業をするときも、1024×768の画面では狭くて作業しづらいかもしれません。

また、制作者のサイトはどうもドイツ語っぽい言語で書かれているようで、純日本人の私にはうまく読めませんでした。


ちなみに、HTMLファイルを自動生成してくれるわけではないので、
作成したデザインをHTMLにしたい場合は、DrawterのヘッダのCode→Generate codeを選択すると、HTMLとCSSのコードが出てきます。これをコピペして使ってください。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前: ゆーり
職業: コーダー(模索中
趣味: Web制作
自己紹介: 某Web製作会社の入社5年目のマークアップエンジニア。専門はHTMLとCSSとMT(自称)。
カレンダー
02« 2017/03 »04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]